メンズ

株式投資の初心者は基礎から勉強|お得に利用する方法

海外と国内の違い

お金

もう既に国内でfx口座を開設して、取引をはじめている人もいることでしょう。国内は何かと規制が厳しく、スプレッドも最大25倍までしか取引できず物足りなさを感じている人もいます。もう少しレバレッジの高いところで取引を行なって利益を上げたいところですが、残念ながら国内にはfx海外口座のように高いレバレッジで行なっているところはありません。そのため、より利益を確保したい人の多くはfx海外口座を開いています。

特にfx海外口座で注目すべき点は、ロスカット水準が国内の証拠金維持率100%以下に比べると、海外は40%くらいとなっているため、手持ち金のギリギリまで取引を行なうことができます。もちろん、レバレッジが高いのでマイナスになると証拠金の減りも早くなることも念頭に入れておきましょう。その他にも追証なしというゼロカットシステムが導入されています。国内のfx業者だと、口座残高を下回ると追加で入金しないといけませんが、fx海外口座では口座残高を下回っても無かったことにしてくれるシステムがあります。このように、海外口座では口座残高を気にすることなく、取引に集中することができます。

国内にあるfx業者の25倍に比べると、海外は何百倍というレバレッジで取引を行なうことができます。fxは少額からでもスタートさせることができるので、少額で高い利益を考えている人はfx海外口座を開いてみると良いでしょう。しかし、判断を間違えてしまうと損失になることもあるので、リスクも考えながら安定した運用を行ないましょう。